廿日市市 とだ歯科医院

予防歯科

歯周病、虫歯の初期段階には実は自覚症状が殆ど出ません。

結果、気がついていたら歯を失ってしまうほど進行してしまう場合があります。

「冷たい飲み物を飲むと歯がしみる」と感じたら虫歯の初期段階かもしれません。 そして、「最近口の臭いが気になる」「歯ぐきがただれたり出血する」というのは歯周病の黄色信号です。
「歯が痛いわけではないから」等と思い、そのままにしてしまうと、 虫歯・歯周病が更に進行して、歯を大きく削らなければならなくなってしまったり、 歯を抜かなければいけなくなってしまうリスクがあります。

歯は全身の健康に関わっています

歯は美味しく食事をする際に大切なだけでなく、 発音の助け、噛むことを通じて脳の血流を促進させ認知症を予防するなど 全身の健康に関わっています。
歯科医院で定期健診を受けることで、 虫歯・歯周病の早期発見、早期治療を行い、 こういった口腔内トラブルを未然に防ぐ為の口腔内ケアを心掛けましょう。

歯は1度虫歯になったら(削ったら)、元には戻りません。

歯は1度虫歯になったら(削ったら)、元には戻りません。私たちは一生懸命治療しますが、人工のもの(つめもの、かぶせもの)で補うだけです。そして人工のものは、残念ですが、ご自身の歯にはかないません。一生もつわけではないのです。
ですから、悪くなる前に定期的に来院して、虫歯や歯周病の原因であるバイオフィルムの除去(クリーニング)が必要なんです。

また、痛くない時に来院してもらうことで、治療に対する恐怖心がある方にも、リラックスして頂けると思います。

予防歯科の大切さ

「虫歯や歯周病になったらその時に治療すれば良い」こんな風に思っていませんか?

治療が大切であることはその通りですが、虫歯治療の例でお話をすると、 一度削った歯は決して元に戻ることはありません。 加えて、治療を何度も行うと歯は弱くなり、虫歯の再発もしやすくなります。 最後には、歯を失ってしまうかもしれません。 大切な歯を守っていくためには、虫歯や歯周病を防ぐことがポイントです。

初期の段階で口腔内トラブルを発見しましょう

殆ど自覚症状のない歯周病や初期の虫歯も、 定期検診を利用すれば、歯科医師・歯科衛生士などプロによって初期の段階で発見することができます。

ご自身の歯を大切にするために、予防歯科を上手に活用して行きましょう。