廿日市市 とだ歯科医院

歯周病治療

歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどありません。

したがって、歯茎の腫れや出血等の症状が現れた時は、かなり歯周病が進行している場合が多いです。

歯周病を防ぐ為には、原因となる歯垢(プラーク)の除去がとても重要となります。
また歯周病は、歯科三大疾患の一つで日本人に多い病気でもあります。 虫歯にならないよう、歯を守る事も大切ですが、歯を支えている歯茎もとても大切です。 歯周病が原因で虫歯になることもあります。

長く自分の歯を保ち美味しく食事が出来るために

また、長く自分の歯を保ち美味しく食事が出来るためにも、 お口を清潔な状態に保ち、健康な歯茎を維持しましょう。
虫歯治療や被せ物の治療を行う前に、患者様の症状に応じた歯周病治療を行ってから、次の治療へと移っていった方が再発リスクも少ないので治りも早くなります。

当院は歯周病の専門治療も必要に応じて患者様に提案いたしますので、歯周病で現在お困りの方は一度当院までお越しください。

80歳で20本の歯を残すために

「8020運動」をご存知でしょうか?

厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上の歯を残そう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。