滅菌について

患者様を院内感染から守る
~滅菌について~

「滅菌」という言葉を聞いたことはありますか? 

「消毒」に比べて耳にする機会は少ないと思いますが、消毒が菌を減らす処置であるのに対し、滅菌は細菌やウイルスなどの微生物を残らず死滅させる処理です。歯科医院で治療で使用する器具や機材は、お口の中に入れたり患者様の血液に触れたりする可能性があります。
その器具や機材が感染源となり、院内感染が起きる事例があります。

当院では、治療に用いる器具や機材を徹底した滅菌処理を施しています。院内感染を防ぎ患者様を守るため、今後も高いレベルの衛生管理に努めてまいります。

より確実な滅菌処理「DACユニバーサル」

2014年5月18日の読売新聞に、「歯を削る機器7割使いまわしした歯科医院」というショッキングな見出しの記事が掲載されました。歯を削る機械(タービン)は内部構造が複雑なので滅菌が難しく、約7割もの歯科医院が滅菌処理せずに使い回しているというのです。

当院では患者様に安心して治療を受けていただけるよう、日本で唯一タービン内部まで滅菌できる「DACユニバーサル」という機器を導入しています。外側だけでなく、内側まで清潔なタービンで治療を行いますのでご安心ください。

ポセイドン

現状では多くの歯科ユニットにおいて、水質管理目標設定項目の目標値を大幅に上回る従属栄養細菌が検出されています。
こういった現状に対し、ポセイドンを導入することにより残留塩素濃度を補正しデンタルユニットの給水管内の除菌能力を維持することで、より衛生的な歯科ユニットの給水環境を獲得するサポートをさせていただいております。